スマホ購入による10代20代のブラックリストの増加


スマホを購入する際に、月々の利用料と端末代が相殺される分割払い契約が主流になってきています

この分割払い契約は、信用情報機関に登録されるため、毎月の利用料の支払いを延滞すると、ご自身の信用情報に傷がつきます

未成年者や若年者の場合は、実際の支払いをするのが親御さんの場合が多く、

親御さんが支払いをしなかった場合は「本人が知らないうちにブラックリスト入り」してしまうケースがあり、そういうご相談を数多くいただいてます

携帯電話・スマホの延滞情報は、延滞が解消された後も長期間残ってしまい、将来のローンが組めなくなるなどの支障が出てきてしまいますので、安易に支払いを怠ると大変な事になりますので、注意が必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です