何も理解してない事務所

信用情報関連の仕事のご依頼が多いので、同業の方のホームページ・司法書士さん・行政書士さんのホームページなどを見る事が多いのですが、、、、

信用情報関連について書かれてる記事は、かなり「適当」な事が書かれている場合があります。

事実とは全然違う事が書いてあったり、デタラメだったりと、かなり酷い内容の事務所もありますのでこのブログで名指ししたいぐらいです。

この個人信用情報関連の情報は、法律家でもよく解っていないのが実態です。

前にも書きましたが、個人情報の削除や訂正は、事務所に依頼する前に、、、、

「消せるのか・消せないのか」はっきりと聞いてから依頼しましょう。

「消せる・消せないの判断が出来ない事務所」に依頼するのか?

「消せる・消せないの判断がキチンと出来る事務所」に依頼するか?

みなさんなら、どちらがいいですか?

当然、後者の「キチンと判断できる事務所」ですよね。

あやふやな回答が返ってきたり、はっきりとした答えを言わない事務所はお勧めしません。

特に行政書士事務所は、業者さんと交渉出来ませんので、時効が成立したのかどうかも、信用情報がいつ頃回復するのかも判断は出来ませんので、気を付けて下さい。

行政書士事務所は、職務上 本人に代わって、時効の援用通知の内容証明郵便を出す事止まりですので、住宅ローンなどをこれから組みたい方・事業者ローンなどの大口のローンを組みたい方は、よく考えてから、事務所を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です