信用情報に何も問題ないのにローンの審査がとおりません・・

信用情報機関に申請して開示される情報と、信用情報機関の会員であるクレジット会社等が見ている情報とが、同じではない場合があります。開示された情報には載ってこない「隠れファイル」とも言える情報があるということになりますが、これは信用情報の開示のやり方の問題でもあります。

例えば、カード会社と契約した際の申込書に記入した連絡先(住所や電話番号)を、信用情報開示申込書にちゃんと記入して開示請求をしたかどうか?ということです。携帯電話を頻繁に変更した、もしくは事情があって複数台の携帯電話を利用していたという事情があって、カード契約時にどの電話番号を記入したか分からない、憶えていないということもあるかと思いますが、そこが分からないと正しく信用情報が開示されないため、信用情報を回復したくとも方法がないということになってしまいます。実際、このことでお悩みの方もおられます。

契約当時の住所や電話番号については調べることもできますので、開示された信用情報に問題が無いように思われるにもかかわらずローンの審査に通らないという場合は、ぜひ当所までお問い合わせください。

何から始めればよいのか分からない・・

 どこの金融会社との契約が未払いになっているのかが分からない、ということはよくあります。その場合まず、ご自身の信用情報を取得していただき、内容をご確認いただくことが第一歩です。

 しかし、信用情報を取得いただくに際しては、金融会社と契約された際に契約書などに連絡先として記載したであろう住所と電話番号を、信用情報開示書に記入する必要があります。契約当時からこれらに変更がない場合は問題ありませんが、変更がある場合には(憶えていなければ)当時の住所と電話番号を調べる必要があります。

 それでは、契約当時の住所と電話番号を全く憶えていない場合は、自身の信用情報を取得することはできないのでしょうか?そのようなことはありません。ご自身では無理でも、然るべき専門家に調査を依頼して、信用情報を開示させることは可能です。ご自身の信用情報が開示されないことには何も進みません。方法はありますので、遠慮なくお問い合わせ頂ければと思います。