クレジットカードの更新審査

クレジットカード会社は、カードの有効期限を迎える会員の個人信用情報をCIC・JICCに照会します。

CICに加盟しているクレジット業者は、2019年8月の時点で339社あります。

CICだけでも、クレジットカードの更新時の紹介(途上与信紹介)は、月に680万件にのぼります。

680万人の方が、業者に審査されていた事になります。

この時の審査時に「異動」情報やネガティブな情報が登録されていると、利用可能額が減額されたり、カードの利用停止などになってしまう事が多いようです。

それと、以前より書かせて頂いてますが、クレジットカードの更新時の審査だけ見ても、CICの「月」の紹介件数が680万件、新規の申し込み紹介の数は540万件だったと聞いています。

照会されるこれだけの数の個人情報の内容に、事務的ミスやシステムエラーなどが1件も存在しないと考える方が不自然です。

事実、当事務所には業者側のミスで、顧客の信用情報に傷が付いてしまったので、何とかして欲しいというご依頼を頂いております。

何も心当たりが無いのに、ローン審査が通らない。

クレジットカードを1枚も作った事が無いのに、どこのカード会社の審査が通らないなど。

もしかしたら、業者側のミスで個人情報に傷が付いている場合があります。

お心当たりのある方は、お気軽に相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です