時効援用・信用情報回復の相談は経験豊富な弁護士へ| 任意整理の流れ

任意整理の流れ

借金の利息は、「利息制限法」という法律で年利15~20%と決められています。これを超える年利は違法なので、支払う必要はありません。

利息の請求はもちろんのこと過払い金が戻ってくる可能性があります。利息の支払いがなくなるだけで月々の支払いが減り、過払い金があればそれを返済に充てることもできるでしょう。

また、交渉によって債権者が納得すれば月々の支払い額を減らしたり元本のみの支払いだけでよくなったりします。これが、借金減額の仕組みです。

任意整理が開始され和解し、返済が開始されるまで2~4ヶ月程かかります。

弁護士に無料相談

お電話一本にてお気軽にご相談出来ます。

 

当事務所に受任依頼

当事務所に来所して借りている業者等を記入し、委任契約を結び、任意整理をスタートします。又、ここで月々の無理の無い返済金額を割り出します。
そして各業者に当事務所が受任した旨の通知を発送し、取引履歴の開示も請求します。
この時点で支払い及び請求は、ストップされます。

 

各金融業者から取引履歴が送られてくる

一番最初の貸付から最後の取引まで総て開示を請求します。
早い業者ですと2週間位、遅い業者や理由がある業者ですと3~4ヶ月位かかることもあります。遅い場合、もちろん急ぐよう請求しますし、せっかく早く開示しても総て開示してこない業者も多々ありますのでこの場合、全部揃うまで時間が必要となります。

 

利息制限法による計算のし直し

取引履歴が総て揃った時点で一番最初の貸付から『10万円未満は20%・100万円未満は18%・100万円以上は15%』に総て計算し直して正しい債務金額の確定をします。

 

金融業者へ和解交渉

確定した金額を基に手紙及び電話で各金融業者へ和解交渉を行い、話し合いが成立したら和解書をお互いに交わします。

 

返済の開始

和解書通り、確実に、返済を毎月行います。

なお、任意整理を行い和解が成立した後で返済が遅れた場合は、借金の一括返済を求められるので注意してください。一括返済に応じられない場合は、債権者が財産の差押えなどを行うこともあります。

任意整理中にどうしても借金が返せなくなった場合には、すぐにご相談ください。

当事務所独自の任意整理サービスの詳細はこちらをご覧ください。

無料相談受付中!

「どういう手続きが必要なのか?」といった疑問や知りたいこと等をお気軽にお問い合わせください。債務整理をすることでどの位減額、月々の返済が減るかの目安を診断することもできます。

多くの債務者を救済してきた無料相談窓口はこちら
0120-978-695
0120-978-695

当事務所では費用・料金の支払いについて依頼者の状況により積極的に検討させていただきます(分割払いも相談に応じます)。

時効援用・信用情報回復の詳細はこちら ページのトップへ

現在地:トップページ任意整理の流れ